てんかん発作は基本的な対処をおぼえる事が大切

「てんかん発作」を起こしている人の様子を初めて見る人は、とても驚くことでしょう。騒ぎ立て、すぐに救急車を呼びたくなりますが、まずは落ち着いて行動することが何よりも大切です。多くの場合、直ちに救急車を呼ぶ必要はありません。発作が治まるまで、静かに見守りましょう。

スポンサーリンク

てんかん発作時にすべきこと

てんかん発作時にすべきこと

近くにいる人は、「てんかん」の発作を起こしてしまったときは、とにかく慌てずに対処するようにしましょう。長時間発作が止まらなかったり、意識が戻る前に再び発作が見られるようなら、すぐに救急車の要請が必要です。

ここで「てんかん」の発作時に、まずやるべきことを見てみましょう。

  1. 道路や階段など、危険な場所で倒れたときには、安全な場所に移動させましょう。
  2. 顔を横向きにして、ケガをしないように周囲の危険物を取り除きましょう。
  3. 襟元やベルトをゆるめて、呼吸しやすくしましょう。
  4. メガネやヘアピンなども危ないので、外しましょう。
  5. 時計があれば、発作の起こった時刻を確認して、「てんかん」の様子を観察しましょう。
てんかん発作の経過や主な症状と種類について
てんかん発作の経過や主な症状と種類について
てんかんは、実に様々な症状が現れます。主な発作のタイプや、代表的なてんかんについて紹介しています。

てんかん発作の基本的な対処法

基本的な対処法

「てんかん発作」の基本的な対処法を紹介します。ここで、大切なポイントは冷静になること。心配になる気持ちは分かりますが、慌てて体をゆすったり、抱きしめたりしてはいけません。また、顔を叩いたり、何度も大声で呼び続けることもしないようにしましょう。

全身発作の場合

  1. 意識を失い、倒れてしまうような「てんかん発作」の場合は、場所の安全確保をしてから、衣服をゆるめます。
  2. 舌を噛まないように下アゴに手をあてて、そのまま頭部側のほうへ押し上げ、気道を確保します。このとき、舌噛み防止に物を加えさせるというのは、やらないでください。口の中を傷つけたり、窒息の危険性があります。
  3. うつ伏せで倒れたり、危険な場所で倒れたとき以外は、本人を動かさないようにします。発作中は、無理に起こそうとしないでください。
  4. 発作後、大きく息を吐いたら、つばや嘔吐物を取り除きます。
  5. 発作が治まってもしばらくは安静にし、すぐに水や薬を飲ませてはいけません。

部分発作の場合

部分発作の場合は、特に積極的な処置は必要ありません。発作が治まるまで、様子を注意深く観察するようにしましょう。突然声をかけたり、行動・行為を止めさせようとすると、感情的な反応を誘発してしまうことがあるので、見守るだけで大丈夫です。

ただ、うろうろと歩き回って、屋外などで道路に出てしまうそうなときには、後ろのほうから優しく服を引っ張るなどして、方向転換させましょう。

てんかんの定義と発祥の仕組みとてんかんの種類
てんかんの定義と発祥の仕組みとてんかんの種類
てんかんは、子供から大人までかかる可能性のある病気です。発症の仕組みや種類などから、どんな病気なのかを見ていきましょう。

てんかん発作が治まったら

てんかん発作がおさまったら

「てんかん」の発作が治まり、意識が戻っても、すぐに体を動かさないほうが良いでしょう。場合によっては、そのまま眠りについてしまうこともあります。家で発作を起こした場合は、治まって寝てしまったら、静かに眠らせてあげましょう。その眠りから覚めれば、普通の状態に戻っています。

道路などで発作を起こした場合も、お店など休むことができる場所が近くにあれば、そこで少し休んでから帰宅することをお勧めします。

てんかんの基本検査と脳波検査・画像検査
てんかんの基本検査と脳波検査・画像検査
てんかんが疑われる場合は、検査を受ける必要があります。脳波検査やMRIなど、てんかんの診断に有効な検査方法を紹介しています。

投稿者プロフィール

ハリス・エドワード
ハリス・エドワード
てんかんを研究している「ハリス・エドワード」が、てんかんという病気について教えます。てんかんは珍しい病気ではなく年々患者さんが増えている病気でもあります。脳に関係するてんかんをまずは知ることが大切です。