てんかんの基本検査と脳波検査・画像検査

「てんかん」と診断されるまでには、いくつかの検査が行われます。それらの検査結果を総合的に判断し、診断が下されます。しっかりと検査を受けることで、早期発見と早期の治療開始につながります。もし、発作の症状から「てんかん」が疑われるのであれば、早めに受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

てんかんの基本検査

病院の問診

問診の後、血液検査や尿検査といった基本検査が行われます。これらは、「てんかん」の診断をするために、不可欠なものになります。

問診

基本検査を受ける前に、問診を受ける必要があります。診察を受けに行く際は、本人だけではなく、家族も一緒に付き添いましょう。「てんかん」の種類によっては、本人が発作中のことを何も覚えていないことも少なくありません。そのため、家族など発作の様子を見ている人の説明が必要になります。問診では、発作の始まり、本人の記憶の有無、行動異常や精神症状の有無、発作の持続時間、発作後の様子などをできるだけ詳しく伝えましょう。

血液検査・尿検査

「てんかん」の診断には、血液検査や尿検査も重要です。これらの検査を行い、発症の原因を究明しなければなりません。また、薬物治療を行うにあたって、血液検査・尿検査をして、体の状態をチェックしておく必要があります。

てんかんと間違えやすい発作は必ず違いがあるんです
てんかんと間違えやすい発作は必ず違いがあるんです
てんかんと似たような発作を起こす病気、症状は色々あります。中でも、発症頻度の高い発作について紹介しています。

てんかんの脳波検査

CT検査

脳波検査は、「てんかん」を診断するうえで、一番大事な検査と言われています。通常の脳波には見られない、「てんかん波」と呼ばれる異常な波がないかどうかを調べます。この脳波検査は、「てんかん」かどうかの診断に限らず、発作タイプを判定するのにも、とても役立ちます。痛みを伴うこともなく、簡単に受けることができます。

検査のポイント

「てんかん」が疑われた場合、何度か繰り返し脳波検査をすることになります。そのときの状態によって脳波は変化するので、一度検査を行っただけでは分からないのです。また、「てんかん」の中には、異常な波を確認しにくいものもあります。例えば、発作を起こす部分が脳の深いところにある場合や、異常な波の発生頻度が低い場合などは、ちゃんとその波が確認できるまで、数回検査が行われます。

てんかんのリハビリテーションと障害が招く問題
てんかんのリハビリテーションと障害が招く問題
「てんかん」は、知的障害が合併するとよく言われますが、そのほかにも身体的、精神的な障害が出ることもあります。このため、「てんかん」の症状だけ...

てんかんの画像検査

画像検査

画像検査は、「てんかん」の原因にもなる脳腫瘍や脳外傷の有無を画像で確認することができます。CTやMRIのほか、必要に応じてSPECTやPETといった検査も行われる場合があります。

CT

CTは、「コンピュータ断層撮影」というものです。X線を使い、水平に輪切りになった体内の様子を画像に映し出します。これで、脳腫瘍や脳外傷、血管の異常の有無などを調べることができます。被ばく量もごくわずかで、多くの情報が得られ、しかも簡単に検査できることから、よく行われます。

MRI

MRIは、「核磁気共鳴画像法」というものです。体内の様々な部分の状態をチェックすることができます。このMRIはCTよりも、広範囲の細かい部分まで確認することが可能なため、脳のささいな異常も分かります。磁気と電波を用いて画像化するため、まったく被ばくの心配がありません。

SPECT(スペクト)

SPECTは、「単一光子放射断層撮影」というものです。放射性医薬品を体内に投与して、画像だけではなく、血流量などの脳の働きを見ることができます。「てんかん」に関することでは、どの細胞が発作による影響を受けているかなどの情報が得られます。脳や心臓の状態、がんの有無などが確認できます。

PET(ペット)

PETは、「ポジトロン断層法」というものです。ポジトロン核種という放射性物質を体内に投与して、脳のエネルギーになる糖や酸素にマークを付け、糖や酸素の消費量を調べます。このPETを行うことで、脳がどのくらい機能しているかを確認することができます。SPECTと比べ、より鮮明に脳の働きが分かります。

てんかんの外科的治療を検討する基準とは
てんかんの外科的治療を検討する基準とは
薬を使っても治療効果の得られないてんかんの場合、外科的治療が必要になることもあります。検討基準や手術方法などを紹介しています。

投稿者プロフィール

ハリス・エドワード
ハリス・エドワード
てんかんを研究している「ハリス・エドワード」が、てんかんという病気について教えます。てんかんは珍しい病気ではなく年々患者さんが増えている病気でもあります。脳に関係するてんかんをまずは知ることが大切です。