自閉症の診断基準と自閉症スペクトラム指数

「この子は自閉症」という診断基準はどこにあるのでしょう?また、そう診断されるときに、どんな検査が行われるのでしょうか?ここでは、実際の検査内容を種類別に紹介していきましょう。見た目だけではわからないことも、きちんとした検査でわかるようになって、効果的な治療へとつながります。

スポンサーリンク

家族もわかる診断基準

自閉症の診断基準

文部科学省

「自閉症の症状」のページでも紹介したように、自閉症は対人関係、言葉の遅れ、物事への強いこだわりなど、おもにこの3つの症状が挙げられます。そのほか、耳で聞くより目で見るほうが物事を認識しやすいという特性をもっています。なので、紙に書いて見せると意外とすんなり伝わるでしょう。これは低機能自閉症の人に多く見られるもので、高機能自閉症やアスペルガー症候群の人にとっては、目から入る情報は逆に理解しにくくなる場合があるので注意しましょう。さらに、時間というものがよく分かっていないようですね。時間は目に見えないからかもしれません。たとえば、5分待つ約束をして、その時間が1分でも過ぎると長い時間待った感覚になります。逆に4分で相手が戻ってきても5分キッカリまで待ち続けるなんてこともあります。このような症状は家族も気づきやすい症状と言えます。

専門家による検査

専門家による自閉症の検査

ここでは自閉症の診断基準となる医師による専門的な検査を見ていきましょう。様々な検査によって診断されます。どの検査も0~12歳くらいまでを対象に実施されるもので、病院(医師)によっては検査の種類・内容も異なります。

言語の検査

イリノイ式言語学習能力検査(ITPA)

本人とコミュニケーションをとりながら、そのなかで学習障害が見られるかどうかを診断します。

絵画語彙(ごい)発達検査(PVT)

語彙の理解力を調べます。

行動の検査

ブラゼルトン新生児行動評価法

新生児期の社会的能力や、それにともなう行動を検査します。

発達の検査

遠城寺式乳幼児分析的発達検査

運動・社会性・言語の領域にわたって、発達状況を細かく分析していきます。

津守式乳幼児精神発達診断法

日常生活を観察することで、一人ひとりの発達を診断します。

絵の検査

人物画(DAP)

性格や人格に関係する心理テストの一種です。この検査で内面的な部分を調べます。

自閉症かな?と思ったら
自閉症かな?と思ったら
自閉症は多くの場合、3歳以降に確定診断されます。何らかの異変に少しでも早く気づくことが重要なポイントです。

その他の自閉症の検査

その他の自閉症検査

上記以外にも、自閉症の診断基準となる検査はまだあります。「自閉症スペクトラム指数(AQ)」やMRIについて説明しましょう。

「自閉症スペクトラム指数(AQ)」

この「自閉症スペクトラム指数(AQ)」は、健常者を対象にした個々の自閉度を測定する自己回答形式のミニテストのようなものです。知能指数(IQ)はよく聞く言葉なので、みなさんもよく知っていると思います。また、感情指数(EQ)についても最近はテレビのクイズ番組などで取り上げられていますよね。そんな中、精神科医療の分野では自閉症スペクトラム指数(AQ)という言葉がよく使われます。低機能自閉症と高機能自閉症(アスペルガー症候群)、それから健常者とのあいまいなボーダーラインを多少なりともはっきりさせる診断法の一つです。得点が33点以上だと自閉傾向になります。得点が高ければ高いほど、その傾向が強いことを意味します。インターネット上にも自分で診断できるサイトがあります。気になる方は試すのもいいと思います。けれど、一つの目安とするもので、決して確定診断するものではありません。

MRI

MRIの自閉症検査

現在は自閉症の診断時もまずはMRIで脳の状態を見ます。MRIは磁場と電波を使って、脳内や体内などの画像を撮る装置のことです。または、その装置を使った検査のことを言います。MRIは脳内や脊髄(せきずい)などの通常は診断しにくいところの断面画像を安全に撮影することができるんですよ。ただ、前もって分かっておかなければならないのはMRIで検査するときには大きな音がするので、パニックになってしまうことが考えられます。ですが、もしそうなった場合でも病院内なのでそんなに慌てないでくださいね。親がうろたえると子供は余計不安になってしまいます。

自閉症患者とともに
自閉症患者とともに
ワガママなだけと思われて周囲には理解されにくい自閉症。私たちが彼らにできることは何なのかを考えてみませんか?

自閉症とアスペルガーの比較

自閉症とアスペルガーの比較

▲自閉症とアスペルガーの比較図

自閉スペクトラムを表した分類図

閉スペクトラムを表した分類図

▲自閉スペクトラムを表した分類図

自閉症と間違えやすい病気はあっても病名まで知ってますか
自閉症と間違えやすい病気はあっても病名まで知ってますか
これって自閉症じゃない?と思うような症状でも実は別の病気ということもあります。自閉症と間違えやすい病気を紹介しましょう。

投稿者プロフィール

自閉症の森「森重良美」
自閉症の森「森重良美」
自閉症を少しでも多くの人に知ってもらいたい、理解していただきたい思いで自閉症に関する事を紹介しています。理解することで初めてわかることがあります。自閉症を改善していくためにも病気について向き合い、助け合い情報交換していきましょう。