自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥・多動性障害!離婚と発達障害の関係性

スポンサーリンク

発達障害とは、肉体や精神の不全をもたらす慢性的症状のことをいいます。この症状は個人の生活において様々な困難をもたらし、言語や移動、学習、セルフヘルプ、自立生活などでハンデとなってしまいます。

発達傷害は発見するタイミングが遅れる

発達傷害は発見するタイミングが遅れる

一般的に子供の発育期に発見されることが多く、一生継続する障害でもあります。

発達障害といっても、自閉症やアスペルガー症候群、注意欠陥・多動性障害などの種類がありますが、それぞれ専門家でも判断ができないこともあり、対処する場合には傾向が強いのかを理解して対処していきます。

自閉症の具体的な特徴

広汎性発達障害のうち知能指数が高い高機能自閉症の場合はアスペルガー症候群といい、対人コミュニケーション能力や社会性、想像力に障害があ周りも理解に苦しんだりすることも少なくない障害です。

図解:自閉症の具体的な特徴

具体的な特徴としては、自閉症は社会性と対峙関係の障害、コミュニケーションや言葉の発達の遅れ、行動や興味の偏りが特徴の障害です。

対人関係がうまくいきづらい障害になります。知的障害や言葉の発達の遅れがないですが、本人が生きづらい思いをしたり、

自閉症と間違えやすい病気はあっても病名まで知ってますか
自閉症と間違えやすい病気はあっても病名まで知ってますか
これって自閉症じゃない?と思うような症状でも実は別の病気ということもあります。自閉症と間違えやすい病気を紹介しましょう。

自閉症でよく見られる行動

自閉症でよく見られる行動

注意欠陥・多動性障害は注意力が持続することができず、何かに長い時間集中することが苦手で忘れ物も多い「不注意」、じっとしていることができずいつも体を動かしていないと落ち着かない、じっと座っていることや黙っていることが苦手な「多動性」、何かを思いついたら考えずに行動を移してしまい、順番を守れない、怒ると乱暴になって手を出すなどの「衝動性」、あるいはこの症状が混合して現れるタイプが症状として現れます。

注意欠陥の欠陥
長い時間集中することが苦手忘れ物も多い
何かを思いついたら考えずに行動
順番を守れない

このような障害がある場合、対人関係を築くのが苦手な傾向があります。

障害をつ人と対人関係での対応

障害をつ人と対人関係での対応

対処するには、相手を傷つける言葉で気を引こうとすることもあるため、そのような発言をした場合には、「そんなことを言ってはダメ」という抽象的な叱り方をせずに「臭い」や「太っている」などの言葉は相手は悲しいと思うから言わないようにすると、相手の気持ちを推測できるような言葉で、具体的に何を言ってはいけないかを提示していき、相手の気持ちを理解する練習をしていき、言っていい言葉と悪い言葉を区別させるという対処をしていきます。

また、曖昧な表現は使わず具体的な表現を使う、きちんと出来たことにはしっかり褒めてあげる、得意分野を見つけてできることを増やしていき成功体験を積んでいくことなども大切です。

このような対処をしていくことで、子供の場合は多動の症状は成長とともに消失または緩和していきます。

相手がどんな気持ちになるか伝える
相手の気持ちを理解する練習をする
言っていい言葉と悪い言葉を区別させる
自閉症の特徴は対人関係やコミュニケーションが苦手
自閉症の特徴は対人関係やコミュニケーションが苦手
自閉症になると、どんな症状や特徴があるのでしょう?落ち着きがないだけと思われがちな、その症状について説明しましょう。

自閉症の子供が原因での離婚

自閉症の子供が原因での離婚

問題なのは障害児を授かることで夫婦が離婚しやすいということです。

他の夫婦と比べて障害児を授かった夫婦は離婚しやすい傾向にあり、ただでさえ大変な子育てがより大変になってしまうことが想像できます。

離婚は特に若い夫婦ほど離婚する傾向が高まります。夫婦自身が若いと社会経験や人生経験が不十分なため障害児の育児という責任が重く、逃げ出したくなり離婚という結論に至ってしまいやすくなります。

妻が離婚を決断する場合

妻が離婚を決断する場合

妻の場合は、母として子供の療育や家事、育児全般を担うことで毎日の負担で心身ともに疲れてストレスが与えられてしまい、夫は仕事で生活費を稼ぐだけではなく子供の療育費や医療費なども稼ぐ必要があり、自活できない障害であれば子供が一生生活できるだけのお金が必要となってくるというのがストレスとなってしまいます。

通常よりも負担が重く苦労が多いことから、その現実から目をそらした結果離婚する夫婦が多いのです。

また、つきっきりになってしまい母親が肉体的にも精神的にも疲弊してしまう、子供がコミュニケーション障害があることで周囲に馴染めず親自身も関係を築きにくくなってしまう、障害を理解できないしない人がいることで親のしつけが悪いと責められるなども問題となります。

自閉症の子にはどんな接し方をすればいいの?
自閉症の子にはどんな接し方をすればいいの?
みなさんのまわりに自閉症の人はいますか?家族の人も含めて、接し方が分からないときにどうすればいいのかを見ていきましょう。

夫が離婚を決断する場合

障害児のいる夫婦の場合、離婚は圧倒的に男性側から言い出すことが多いとされています。男性側から離婚を申し出る理由としては、障害を理解できないことで母親を責めてしまうということが多いからです。

これは父親は子供と接する機会が数kなく、通常ではない振る舞いが受け入れられず、その理由を母親のせいにしがちなことが挙げられます。障害は薬で治るというものではないため、そのような状況や家庭環境からストレスを感じて、それから逃げるように離婚を選択してしまう傾向にあります。

離婚後の養育費は?

離婚後の養育費は

離婚した場合は、原則として子供の年齢と両親の年収で養育費は決まります。子供の障害があるからということで養育費が増額されることはなく、増額したい場合には増額が必要な理由や証拠が必要です。

離婚をしないで夫婦で助け合うことが大切

離婚をしないで夫婦で助け合うことが大切

離婚をしないためには、父親や祖父母を含めて周囲の人間が子供の障害を理解して受け入れることが大切となります。

そのためには子供の障害に対してきちんと知識をつけ、できることとできないことを判断して、夫婦二人で協力して育児をしているという意識を持ちます。

また、夫婦二人で抱え込むと追い詰められてしまうため親や親戚の助けを借り、障害児の支援制度を活用していくことが大切です。

離婚した後の子供の事を考える事がポイント
自閉症の学校教育、そして社会で仕事をするようになるまで
自閉症の学校教育、そして社会で仕事をするようになるまで
学校は自閉症の子供にとっても大きく成長できる場所です。学校教育、そして社会に出たあとも快適に生活するにはどういう支援が必要なのでしょう?

投稿者プロフィール

自閉症の森「森重良美」
自閉症の森「森重良美」

自閉症を少しでも多くの人に知ってもらいたい、理解していただきたい思いで自閉症に関する事を紹介しています。理解することで初めてわかることがあります。自閉症を改善していくためにも病気について向き合い、助け合い情報交換していきましょう。