自閉症の子にはどんな接し方をすればいいの?

今、これを読んでくれている人の中には色んな人がいると思います。家族のなかに自閉症の人がいる、近所に住んでいて毎日見かける、学校で自閉症のことを習って興味をもったなど…。でも実際に自分が接するとなると知らないことも多いはずです。ここでは自閉症の人への接し方を紹介しましょう。

スポンサーリンク

生活の中で自閉症の人が困ること

生活の中で自閉症の人が困ること

まず、実際の生活状況を例にして、自閉症の人自身が困るなぁと思うことを紹介していくことにしましょう。これを知ることは上手にかかわっていくために重要なことです。

いくつかの例として…

  • 本棚の本が1巻から順番に並んでいない。
  • 同じ時間に来る電車やバスなのだが、形式など(色や形)が違う。
  • 学校行事などのため普段と日課が変わってしまった。
  • 楽しみにしていたことが天気などによって突然中止になってしまった。
  • 気に入っていたオモチャなどがなくなってしまったり、壊れてしまった。
  • まわりの人が本人のこだわりを知らずに、その行為をやめさせてしまう。
自閉症患者とともに
自閉症患者とともに
ワガママなだけと思われて周囲には理解されにくい自閉症。私たちが彼らにできることは何なのかを考えてみませんか?

自閉症の人への接し方

自閉症の人への接し方

では、具体的にどのような接し方をすればいいのでしょう?そのポイントを分かりやすく説明しますね。自閉症の人とかかわるときの参考にしてください。

簡単な言葉で、きちんと伝わるように話しましょう。

分かりやすい言葉で静かにはっきり話すように心がけてくださいね。指さしや身振りなどを使うと、より伝わりやすくなることもあります。また、相手の言っていることが分からないときは「オウム返し」がよく見られます。相手が言った言葉をただ繰り返すのです。こいういときはAとBのどっちかいい?などのように具体的に聞きましょう。

社会のルールに従っていないときには、はっきり教えましょう。

自閉症の人は集団行動が苦手です。順番を待てずに途中で割り込んでくることもあるでしょう。迷惑なことがあったときはやさしく静かに教えましょう。突然どなったり、むりやりやめさせるのは良くありません。

話かけてきても、知らないふりをするのはやめましょう。

黙って聞いてあげましょう。そっけない態度をとってはいけません。何よりも大事なことは話しかけられているのに、知らないふりはしないでください。そんなことをされたら、健常者でもイヤな気分になってしまいますよね。

急な予定の変更はなるべく避けましょう。

環境にしても予定にしても急な変化や変更というのは、自閉症の人が一番嫌うことです。なかでも自分にとって不都合な状況になったときは、とても不安になってしまいます。できるだけ前もって、紙に書いたり、写真などを使って本人が分かるように丁寧に教えましょう。

こだわりが人一倍強いことを理解しましょう。

自閉症の人は特異なこだわりが強いことも特徴です。あなたにもクセってありませんか?そのクセが人よりちょっと変わっているだけなんですよ。まわりの迷惑にならないのであれば、できる限り認めてあげるようにしましょう。

自傷・他傷行為をしていたら、相談しましょう。

壁に頭をぶつけたり、髪の毛を抜いたり、手や爪をかんだり…。こういう行為は自分の思いどおりにならないとき、ストレスがたまっている証拠です。このような行為を見かけたときには、学校や病院などに相談することをおすすめします。

自閉症の特徴は対人関係やコミュニケーションが苦手
自閉症の特徴は対人関係やコミュニケーションが苦手
自閉症になると、どんな症状や特徴があるのでしょう?落ち着きがないだけと思われがちな、その症状について説明しましょう。

町で自閉症の人を見かけたら…

町で自閉症の人を見かけたら

自閉症児(者)がいる家庭では、親子共々家にこもりがちになるということをよく聞きます。それは、一歩外に出ると子供がおかしな行動をとって、まわりの人たちに迷惑をかけないかという心配もありますし、みんなから偏見の目で見られてしまいます。町で見かけたときにはすぐに声をかけずに、とりあえずはやさしく見守ってあげたらいいと思います。もちろん、走り出してしまった子供を追いかけなければならないときなどは、お母さんの荷物を一時的にみていてあげるなどのちょっとした手助けは、すごく助かるでしょう。そのほか、もし迷子になっている子供がいたら、やさしく声をかけて交番に連れていくか、そうでなければ交番に顔の特徴やどんな服を着ていたかなどを連絡するだけでもいいのではないでしょうか。

自閉症と間違えやすい病気はあっても病名まで知ってますか
自閉症と間違えやすい病気はあっても病名まで知ってますか
これって自閉症じゃない?と思うような症状でも実は別の病気ということもあります。自閉症と間違えやすい病気を紹介しましょう。

投稿者プロフィール

自閉症の森「森重良美」
自閉症の森「森重良美」
自閉症を少しでも多くの人に知ってもらいたい、理解していただきたい思いで自閉症に関する事を紹介しています。理解することで初めてわかることがあります。自閉症を改善していくためにも病気について向き合い、助け合い情報交換していきましょう。